隠し口座の作り方|夫や妻にバレないおすすめの銀行口座を開設

家族に内緒で隠し口座を作るおすすめの方法

夫婦でお金の管理はしているものの、「自分のための口座がほしい!」と思う方は多いです。

しかし、銀行口座を作ると夫や妻にバレやすいです。銀行から郵便物が来たり、銀行の通帳が部屋で見つかったりと、様々な理由があります。同居家族に内緒で隠し口座を作るのは、意外に難しいのです。

そこで今回は、隠し口座のおすすめな作り方について、詳しく解説します。

あずさ
あずさ
私も副収入は隠し口座で管理しています。

隠し口座は以前は新生銀行がオススメだった

以前に隠し口座としておすすめだったのは、新生銀行でした。

新生銀行は、キャッシュカードが即時発行することができ、店頭で受け取れるサービスを行っていました。しかし、現在ではキャッシュカードの即時発行サービスは終了してしまいました。

また、三井住友銀行でもキャッシュカードの即時発行が可能ですが、「口座開設のお礼状」が家に届くため、意味がありません。

そこで、今回は隠し口座として「イオン銀行」をオススメします。

 

イオンカードセレクトでイオン銀行の口座を作る

今回ご紹介する方法は、イオンカードセレクト(キャッシュカード付きクレジットカード)を作ることで、イオン銀行の口座を開設する方法です。

イオンカードセレクトを作ると、自動的にイオン銀行の口座が開設されるのです。この方法を使うことで、銀行から案内されることは一切無くなります。

普通にイオン銀行の口座を開設する場合は、案内などは全て「イオン銀行」から来てしまいます。しかし、イオンカードセレクトを作ることで、案内は全て「イオンクレジット」もしくは「イオンカード」から来るようになるのです。

クレジットカードを作ったと思われる可能性はありますが、イオン銀行の口座を作ったことはまず分からないでしょう。

 

イオンカードセレクトでイオン銀行の口座を作るメリット6選

イオンカードセレクトでイオン銀行の口座を作るメリットについて、詳しく解説します。

ショッピング保険を言い訳にできる

イオンカードセレクトは、ショッピング保険が充実しているのが特徴です。イオンカードセレクトでスマホやパソコンなどを購入して故障・盗難があった場合、180日間の保証が付けられるサービスです。

実際に、このショッピング保険を目当てでイオンカードセレクトを選ぶ方も多いのです。「何でクレジットカードを作ったの?」と聞かれた場合には、ショッピング保険が付いていたからと答えると自然です。

イオンが近くにある方は、イオンで購入するときに特典があるといった理由でも良いでしょう。

通帳が発行されない

イオン銀行はネット銀行に分類されます。通帳が発行されないため、家で通帳が発見されてしまったといったミスはありません。

キャッシュカードがクレジットカード風

イオンカードセレクトのカードは、どう見てもクレジットカードにしか見えません。見つかってもイオン銀行のキャッシュカードだとは思われないですし、財布の中に入れっぱなしになるので見つかることは無いでしょう。

イオン銀行ATMだけでなくゆうちょ・みずほ・三菱UFJのATMも無料

イオン銀行は、イオン銀行ATMだけでなく、ゆうちょ・みずほ・三菱UFJのATMでも無料サービスがあります。

イオン銀行 : ATM手数料が終日無料
ゆうちょ銀行 : 平日日中(8:45~18:00)と土曜日の一部(9:00-14:00)でATM手数料無料
みずほ銀行 : 平日日中(8:45~18:00)ATM手数料無料
三菱UFJ銀行 : 平日日中(8:45~18:00)ATM手数料無料

残高に関係なく、誰でもこのサービスが受けられます。ATM手数料が無料なのは嬉しいですね。

郵便物が来ることはない

イオン銀行は、基本的にすべてメールでのやり取りとなります。郵便物が来ることはないため、郵便物から銀行の口座がバレることはありません。

自動的に開設されたと言い訳できる

イオンカードセレクトを作成すると、自動的にイオン銀行の口座が作られることになります。「カードを作ったら自動的に口座も出来ていた」と言い訳することができます。

 

隠し口座のおすすめは「イオン銀行」一択!

今回は、隠し口座のおすすめな作り方について解説しました。

現在の状況であれば、新しいサービスが出てこない限り、イオンカードセレクトを作成してイオン銀行一択で良いと思います。

家の中で通帳を隠すといった方法でも、隠す場所は限られますし意外に見つかりやすいです。ぜひイオン銀行を活用してみてください。

「イオンカードセレクト」の公式サイトはコチラから



【関連記事はこちら】